リチャード・ジュエル

あらすじ

1996年に、アトランタのセンテニアル公園で起こった爆破事件。事件の最初の容疑者は無実を主張し、FBIとメディアを相手に闘っていく。実話をもとにした物語。

ゲイ的見どころ

1996年オリンピックに沸くアトランタ。 オリンピック会場近くの公園のベンチの下に、警備員のリチャードはあやしいバックパックを発見します。 警官たちはただの忘れ物だろと適切な対応を取らないが、リチャードは規則通り不審物を処理するよう訴えます。 その頃警察には「公園に爆弾を置いた。」という電話がかかっていた。 公園に爆発物処理班が向かい、バックパック確認したところプラスチック爆弾が入っていました。 リチャードたちは直ちにコンサート会場の人々の避難誘導を開始します。 しかし避難誘導途中に爆発が起きてしまいます。 無数の釘が仕込まれた爆弾により100人以上の負傷者と、2名の尊い命が奪われてしまいました。 翌朝第一発見者のリチャードは、被害を最小限にとどめたヒーローとして報道されます。 そんな中、過去にリチャードが警備員として勤めていた大学から「リチャードは問題のある男。英雄じゃない」と連絡があります。 大学の証言と、過去の爆破事件プロファイリングから「英雄=真犯人」の仮説を立てた捜査官はリチャードを容疑者とします。 その情報はマスコミに漏れ一気に拡散されました。 リチャードはヒーローから、一夜にして犯罪者として世間から見られるようになります。 英雄から一転し爆弾犯とされたリチャードと、無実を晴らす弁護士ワトソンの闘いを描いた実話です。 リチャードの友人がFBIに呼ばれ同性愛の関係じゃないかと疑われます。 これに対しリチャードは「同性愛者じゃない事を世間にきちんと証明したい」といいます。 このようなありもしないことをでっち上げられ、さらにはプライバシーもどんどん暴かれていき、リチャードは世間の好奇の目に晒されていきます。 過熱するマスコミの報道にリチャードの運命はどうなっていくのでしょう。

監督出演

監督: クリント・イーストウッド

出演: サム・ロックウェル, キャシー・ベイツ, ポール・ウォルター・ハウザー, ジョン・ハム, オリヴィア・ワイルド, ニナ・アリアンダ, イアン・ゴメス, ウェイン・デュヴァル

レビュー

●とても良かった。 リチャードの言葉がずっしりと重く心に響いた。 マスコミの情報を鵜呑みにしたり、イメージで他人を判断したり。自分への戒めとして受け止めたいなと思った。
●クリント・イーストウッドの実話シリーズ! ドキュメントが嫌いな私の、好きなヤツ。
●テロ犯と疑われた人の冤罪の物語。 スケールはグッと小さくなるけど、小学校の時に(掃除の時間に)掃除していたのに、掃除してなかったと先生に授業を潰して尋問&吊し上げられたことを思い出しました・・・。 サム・ロックウェルが今まで観た中で一番フツーっぽかった。
●ほんの些細なきっかけから話が広がり、家族も含めて地獄のような二ヶ月間、たまったもんじゃないだろうと思う。 結局、リチャードには疑わしい以外の証拠はない。 真犯人も後にちゃんと捕まってはいる。けど、無責任な報道でできた傷は埋まらないよねえ。
●事実を調べずもせずに正論だとゆう人たちに嫌悪感をおぼえた。 リチャードジュエルはとてもピュアな人だと思う。 彼を信じたワトソンも母もとてもかっこよかった。 人の言うことだけではなく、自分で調べて確証を得ることはとても大切。 時代は違えど今のこのSNSが普及している世の中にとても響くメッセージがあったと思う。
●サムロックウェル演じる弁護士との最初のやり取りから、ジュエルの性格、つまり本人に悪気はないんだけど、その正義感に満ちたもっともな意見が相手に面倒くさいと思われたり、煙たがられてしまう感じが良く分かった。 FBIの家宅捜索にも、嫌疑がかけられているのに、自ら良かれと思って協力しようとしてしまうジュエルにイライラしちゃったけど、その後のジュエルが弁護士に自分の気持ちを吐き出すシーンに涙。そして母の思いにまた涙。 証拠不十分なのに、権力振りかざしてるFBIのやり方やマスコミに対しての批判が凄いね。それに踊らされている市民はイコール自分になり得ると思うと、それも怖い。
●クリント・イーストウッド御大が扱う題材はいつも絶妙で「良くも悪くもアメリカ」が芯にあるように思います。 ヒーローになるのも犯罪者になるのも紙一重。それら対象への国民(と言うかマスコミ?)の敬意と憎悪がストレートで強烈すぎる。 サム・ロックウェルが流石の演技。 彼には毎回泣かされます。

映画カテゴリの最新記事