Work It -輝けわたし!

あらすじ

成績は優秀だけど、希望の名門大学に入りたければ、頭で考えるだけじゃダメ。心の声に耳を傾けて、感じるままに踊らなきゃ。

ゲイ的見どころ

クイン・アッカーマンは、優等生。 だけど大学の面接で「個性がない」と言われてしまいます。 そして思わず高校の強豪ダンスチームの所属していると嘘をつきます。 しかし面接官はダンスに興味があったため、そのダンス大会を見に行くと言い出します。 ダンスが大の苦手なクイン。 面接の嘘がバレないように自分でダンスチームを作ります。 そしてワーク・イットというダンス大会を目指すことになります。 大学合格のためだけのダンスチームでしたが、ダンスを通じてクインは様々な出会いや想いを経験していきます。 王道のキラキラ青春ムービーです。 ダンスチームのキャプテンがとてもゲイゲイしくヴォーギングなど見せつけてくれます。 このキャプテン役はキーナン・ロンズデールという俳優で、最近SNSを通じてバイセクシャルであることをカミングアウトしています。 その他、ゲイ的にはどうしても気になってしまうシーンがいくつかあります。 予選大会でライバルチームの男子ダンサーが何故だかダンス中に勃起したり、寝具屋さんのイケメン店員の体は実はバキバキの筋肉ボディだったり。 王道の青春ムービーが好きな人は是非見てみてください。

監督出演

監督: ローラ・テルーゾ

出演: サブリナ・カーペンター, ジョーダン・フィッシャー, ライザ・コーシー, キーナン・ロンズデール, ミシェル・ブトー, ドリュー・レイ・タナー

レビュー

●こういう青春ダンス映画、、、もうね、観る前から好きです。笑 先が読めてしまう王道ストーリー。全てが上手くいくから軽く感じてしまうけれど、それが良い!登場人物みーんな幸せで、前向きになれる。あー、元気もらったなぁ。観た後も、やっぱり好きです。
●ベタだけどね!王道が一番!サブリナ・カーペンターちゃん繋がりで「トールガール」も観てみよう。
●こういう女の子が青春をエンジョイする系ムービー大好き。安心する。 最後全てが良い方向へ行く。 ダンスも素敵。
●フィールザビートに続いてこちらも鑑賞。 ほぼ同じ感じだけど(雑)フィールザビートはどっちかというと陽キャのお話でこちらは陰キャのお話って感じ。gleeのルーザーズ的な。 流れもあっさりしてるので、わかっちゃいるけど浅いなあと思ってしまう(笑) こういう映画に深みとか求めてないからいいんだけどさ。 フィールザビートよりは現代の人気曲とか流れてきて ノリよくサクッと見れるかな。 ダンス苦手意識あるからあんなふうに楽しそうに踊れたらいいなあとマジで思う……2週間であんななるってことはセンスあるよサブリナ(当たり前)
●踊りたくなる映画!! 正直内容はありきたりな下克上的物だけどイケイケの洋楽とかっこいいダンスでテンション上がるし楽しい! 年に数回見たくなる系の作品でした。
●簡単で単純な内容だけど ダンスのレベルも高いし 友情も恋愛も家族も楽しめる!! サブリナの安定の可愛さ!!! 振り付けの男の人は 「好きだった君へのラブレター」の続編に出てる子かな!!! めっちゃイケメン。
●ダンス×青春の明るいエネルギー溢れる映画。ダンスのクオリティの高いダンス映画はやはり見ていて楽しい。 憧れの大学に行くために優等生をしてきた女子が色々あってダンスチームを作ることになり、個性あふれるメンバーとダンス大会を目指す王道ストーリーではあるが、とにかくダンスシーンがかっこよくて音楽もかっこよくて、溢れるエネルギーがとても良かった。
●明るくて前向きにしてくれるような 王道ラブストーリー。 ダンスも曲もどストライクだった。

映画カテゴリの最新記事