イーストサイダーズ

あらすじ

ゲイカップルのカルとトム。年末の世紀末パーティーでトムの浮気が発覚し、カルは友達に相談することで、このおかしくも切ない時を乗り越えようとする。

ゲイ的見どころ

このドラマは完全にゲイが主人公のドラマなので、いろんなゲイが登場します。 ドラマのキャラクターは、いわゆるイカニモ系のゲイやシャイニーゲイではなく普通のゲイ。 でも彼らの選択した生活は普通のゲイとはちょっと違います。 カルとトムは4年間付き合い、同棲もしています。 そんな中トムの浮気が発覚します。 関係を終わらせたくないカルは友人に相談し、動揺しながらも乗り越えようと努力します。 その結果、恋人という関係は続けるも、セックスは出会い系アプリで探した相手とトムと3P。 しかも毎回相手は違い、2人仲良くアプリで相手を探しています。 出会い系アプリで出会うゲイは「あー分かる分かる、こんな人いるよね」っていう感じのキャラが出てきたりします。 またドラァグクィーンのカップルも登場します。 色々なゲイがいれば、当然その考え方も生活も色々。 そして色々な付き合い方がそこにはあります。 ベッドシーンは多めですが、表現はかなりあっさりしています。 このドラマの監督・脚本・主演はキット・ウィリアムソンです。 キット・ウィリアムソンはゲイでカミングアウトしています。 そして共演しているジョン・ハルバッハ。 なんとジョン・ハルバッハもゲイでカミングアウトしています。 しかも2人はプライベートでも交際しており、婚約もしています。 交際を始めて10年以上だそうです。

監督出演

原作・制作: キット・ウィリアムソン

出演: キット・ウィリアムソン, ヴァン・ハンシス, マシュー・マッケリゴン, ジョン・ハルバッハ, スティーヴン・グァリーノ, ウィリアム・ベリ, コンスタンス・ウー, ブレア・グラント, ブリアーナ・ブラウン

レビュー

●ゲイのカップルを中心にした群像劇?的な 1話が短くて気軽ぅに見れる。 貞操観念があれ、と思うことが多かった。
●ゲイのカップルのお話。 同棲をはじめてしばらく経つが、お互いに色々問題が(´・・`)。 彼らの周りには、誘惑が沢山ある。 作品がとっても短いのでサクサク見られる。 女友達が居るから、恋愛についてのお互いの悩みも素直に聞けて面白かった。
●時系列ちょっとん?てなるとこあるけど、1話が短くてサクサク観れる。
●一話が短いから気軽に見られた。みんなちょっとネジが緩んでる感がある、、それが人物の魅力かも知れない。 ラブラブな感じの時はホント幸せ感じた。 みんなが履いてるデニムがどれもカッコよく見えた笑。
●キャルとトムがステキなカップルで、でもやっぱりゲイの世界でも色々あるんだなぁーと。 時間が前後するのも効果的で楽しく見ることができたんだけど、トムが怒っているはずなのになぜかキャルが怒ってたり、イミフな場面も多々あり、ちょっとだけ置いてけぼり感があったかな・・・。
●軽く観れるから観てたけど、 だんだん飽きてきてしまった。 常に悩んでて、パッとするシーンがあまりないのが残念。
●どうしようもない人たちばっかりなのに、不思議と誰も嫌いになれない。

ドラマカテゴリの最新記事