エミリー、パリへ行く

あらすじ

シカゴでマーケティングの仕事に励んでいたエミリー・クーパーは、思いがけずパリで念願の職を手に入れ、仕事に恋に友情に全力投球の夢の海外生活を開始する。

ゲイ的見どころ

シカゴのマーケティング会社で働いているエミリー。 同僚が妊娠したことにより代わりにエミリーがパリに出張に行くことになります。 エミリーはフランス語は話せないし、恋人も置いていくことになるので多少の不安はあります。 けれども憧れの国パリで働くことに期待を膨らませ出発します。 出張先でエミリーは張り切ります。 しかしフランス語が話せないことやアメリカ式を持ち込むことを同僚は嫌います。 そのため職場ではシルヴィーを始め同僚から意地悪な対応をされます。 アメリカの文化とは異なる価値観を持つフランス人たちとの生活や仕事、そして恋愛を描いたラブコメです。 このドラマはフランス版セックス・アンド・ザ・シティと言われています。 サマンサのような強烈なキャラはいませんが、SATCが好きならこの作品も楽しめると思います。 ゲイが出てくる作品ではないのですが、出張先の同僚のジュリアンがオネェっぽい立ち振る舞いをしています。 ジュリアンがゲイだという表現は一切ありません。 今どき意地悪なフランス人を描くなんて古い、みたいなことで一部で炎上したようですがとても面白い作品です。

監督出演

原作・制作: ダーレン・スター

出演: リリー・コリンズ, フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー, アシュリー・パーク, リュカ・ブラヴォー, ケイト・ウォルシュ, サミュエル・アーノルド, ブリュノ・グエリ, カミーユ・ラザ

レビュー

●何もかもがおしゃれ。そしてただただリリーコリンズが可愛い。本当に可愛い。それに尽きるドラマ。あ〜パリに行きたい…!
●リリーコリンズがかわいい、それだけで見る価値がある。ストーリーは頭を使わなくて見ていられるし、30分だから見やすくて良い。フランス人とは仲良くなれなさそう。
●やっぱりどの作品でもパリが魅力的に見えすぎる。映え。インスタ。
●可愛いし明るいしオシャレだしパリの街並みは素敵だし最高です。 こういう頭使わなくて目が嬉しいドラマ大好き。 毎日のお風呂タイムのお供でした。 シーズン2やってくれるの非常に嬉しい。楽しみにしております。
●肩の力を抜いて、気楽な気持ちで 笑って観れる1話約30分のドラマ。 テンポも良くて、 ユーモアもあって面白い。 毎回エミリーが何をするのか、 言葉や人種や文化の どう乗り越えるのか、 どうこの問題を解決するのか 観ててとてもドキドキする。 ロマンスも刺激的。 友人関係もとてもいい。 そこから刺激を受けてアイデアを出して 解決して自分で切り開いていく エミリーは本当にカッコいい。
●SATCのスタッフが製作に関わってることもあってか、ファッション誌から出てきたようなキャストとファッションでおとぎ話みたい。
●時間的にも内容的にも見やすいし、面白い。 生き方の哲学が散りばめられてるのもいい。 ただし、話題になった通り、この作品がフィクションであることに気をつける必要はありそう。
●フランス人ってこんな感じなのかな。 パリに本当に行ってみたい。

おすすめカテゴリの最新記事